コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌性疼痛 がんせいとうつう cancer pain

1件 の用語解説(癌性疼痛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

癌性疼痛
がんせいとうつう
cancer pain

末期癌患者の 70~80%に見られる慢性痛をいう。徐々に強くなるため,患者の肉体や精神に与える苦痛は大きく,生命を維持しようという意欲も失わせてしまう。このため,患者の痛みを和らげることは,末期癌患者の治療では重要なポイントになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

癌性疼痛の関連キーワード管足在宅ホスピス要介護者要支援者疼痛緩和ケア見放題鉛慢性中毒ゴールドブラット現象2型糖尿病

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

癌性疼痛の関連情報