コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌郵便検診 がんゆうびんしんだんcancer check by mailing specimen

1件 の用語解説(癌郵便検診の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

癌郵便検診
がんゆうびんしんだん
cancer check by mailing specimen

癌検診というと,職場や地域単位で1ヵ所に集って行う集団検診が普通だが,郵便検診は個人単位で便などを特殊な容器に入れて郵送するだけで検査をしてもらえる。このため,時間や場所に無関係に診断が可能で,他人に知られずに検査ができる長所もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone