コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌集団検診 がんしゅうだんけんしん

1件 の用語解説(癌集団検診の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

癌集団検診
がんしゅうだんけんしん

癌の早期発見,早期治療を推進するため,学校,会社,工場あるいは地域などで多数の人を集めて行う癌検診のことをいう。癌発生には臓器特異性が少く,癌全般にわたっての検診は実施がむずかしいので,現在では日本で多発する胃癌を対象として胃のX線像,胃カメラ,胃内視鏡による検診,あるいは婦人の子宮癌の検診を中心に実施されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

癌集団検診の関連キーワードSCU田崎勇三早期パトロール空中早期警戒機フライトドクター早期通報条約がん征圧月間全国糖尿病週間難聴の早期発見法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone