検診(読み)けんしん

精選版 日本国語大辞典「検診」の解説

けん‐しん【検診】

〘名〙
① 病気にかかっているかどうかを調べるために医師が診察すること。また、その診察。
※風俗画報‐二〇一号(1899)衛生門「市町村の医師に検診(けんシン)施行の令達ありたるときは」
※夢遊病者の死(1925)〈江戸川乱歩〉「警察官の一行がやって来たが、中に警察医も混(まじ)ってゐて、先づ取あへず死体の検診(ケンシン)が行はれた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「検診」の解説

けん‐しん【検診】

[名](スル)ある特定の病気にかかっているかどうかを調べるために診察・検査などを行うこと。「定期的に検診する」「集団検診」「歯科検診」「癌(がん)検診

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android