癒合(読み)ユゴウ

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐ごう〔‐ガフ〕【癒合】

[名](スル)傷がなおり、離れていた皮膚や筋肉などが付着すること。傷口がふさがること。
「傷は見るまに―して」〈寅彦・春寒〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆごう【癒合】

( 名 ) スル
傷がなおって、傷口がふさがること。離れていた皮膚や筋肉が付着すること。 「創口を-するものは時日である/門 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いえ‐あ・う ‥あふ【癒合】

〘自ハ四〙
① 傷がすっかりなおる。
※浄瑠璃・本田善光日本鑑(1740)五「手疵も愈(イヘ)合」
② 物事が健全な状態に回復する。
※虎明本狂言・空腕(室町末‐近世初)「うちおった太刀が、いへあふてこなたへもどった」

ゆ‐ごう ‥ガフ【癒合】

〘名〙 傷口がなおって、ふさがること。離れた皮膚・筋肉などが付着すること。〔医語類聚(1872)〕
※門(1910)〈夏目漱石〉一七「凡ての創口を(ユガフ)するものは時日であるといふ格言を、彼は〈略〉深く胸に刻み付けてゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android