春寒(読み)シュンカン

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐かん【春寒】

立春からあとのぶり返したさ。はるさむ。余寒。「春寒料峭(りょうしょう)(=春風がまだ肌に冷たく感じられること)の候」 春》

はる‐さむ【春寒】

立春を過ぎてぶり返す寒さ。しゅんかん 春》「―やお滝様とて竹の奥/茅舎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅんかん【春寒】

春になってからぶり返した寒さ。余寒。はるさむ。

はるさむ【春寒】

立春を過ぎてからの寒さ。しゅんかん。 [季] 春。 《 -のよりそひ行けば人目ある /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春寒の関連情報