春寒(読み)シュンカン

  • はるさむ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 立春以後の寒さ。春になってから、またぶりかえす寒さ。はるさむ。《季・春》
※兼宣公記‐応永一三年(1406)正月一六日「于時夜月催感、春寒入骨者也」
※俳諧・俳諧世説(1785)一「いまだ夜な夜なに春寒(シュンカン)の残りありて」 〔庚肩吾‐応令春宵詩〕
〘名〙 立春後の寒さ。春になってぶり返す寒さ。「春寒し」のようにも用いる。しゅんかん。《季・春》
※みだれ髪(1901)〈与謝野晶子〉春思「春寒(ハルサム)のふた日を京の山ごもり梅にふさはぬわが髪の乱れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春寒の関連情報