癡兀大慧(読み)ちこつだいえ

精選版 日本国語大辞典の解説

ちこつ‐だいえ ‥ダイヱ【癡兀大慧】

鎌倉時代の臨済宗の僧。号は平等房。勅諡は仏通禅師。伊勢の人。はじめ天台・真言を学んだが、東福寺において円爾弁円(えんにべんねん)と論争して敗れ、その弟子となった。郷土に安養寺・大福寺を開き、のち東福寺に住した。寛喜元~正和元年(一二二九‐一三一二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android