コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円爾弁円 えんじ べんえん

3件 の用語解説(円爾弁円の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

円爾弁円

鎌倉中期の臨済宗の僧。東福寺の祖。駿河生。号は円爾房、謚号は聖一国師園城寺にて剃髪、上野長楽寺釈円栄朝に就いて臨済禅を学ぶ。のち入宋して無準師範に参じ、その法を嗣ぐ。帰国後、関白九条道家の招請で禅要を説き、聖一和尚の名を賜り、山城東福寺の開山となる。後嵯峨天皇亀山天皇北条時頼らに授戒するなど宮廷・武士の帰依を得、門下に東山湛照南山士雲らを輩出し、聖一派を形成した。弘安3年(1280)寂、79才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

円爾弁円

没年:弘安3.10.17(1280.11.10)
生年:建仁2.10.15(1202.11.1)
鎌倉時代の禅僧,臨済宗聖一派派祖。諡号は聖一国師。駿河国(静岡県)に生まれ,5歳のときに久能山に入る。はじめ教典,外典の研鑽に努めるが,22歳になって禅門を志し,上野長楽寺に臨済宗の栄朝を訪ねた。嘉禎1(1235)年4月,34歳で入宋。臨済宗大慧派の無準師範に7年間参学,その法を嗣いだ。しかし,伝記資料がいずれも,そのときの大悟の機縁を記録していないのは,円爾の経歴上,第一の不思議である。帰国後は九州を中心に活動を行っていたが,寛元1(1243)年,九条道家の篤い帰依を得て,道家が京都に建立した東福寺の開山第1世となる。ちなみに東福寺の寺号は,東大寺興福寺から1字を取り,その規模の壮大さを示したものである。入院後は,後嵯峨,亀山両上皇へ授戒を行い,また東大寺,天王寺の幹事職を勤めるなど,朝廷,幕府あるいは旧仏教とも積極的にかかわりを持った。同時に学僧の指導にも努め,東山湛照,白雲慧暁,無関玄悟など,のちの五山禅林の発展に大きく影響を与える弟子を輩出した。この門流を聖一派と呼んでいる。学風は,智慧弁才に秀でた円爾ならではの,客観性,包容性に富んだものであったといわれる。79歳の秋,東福寺において遷化,常楽庵に葬られた。直筆の遺偈(末期の漢詩)が東福寺に現存する。また頂相(肖像画)としては南禅寺天授庵に所蔵されるものが有名。<参考文献>『聖一国師年譜』,『元亨釈書』7巻,玉村竹二『臨済宗史』,船岡誠『日本禅宗の成立』,古田紹欽『日本禅宗史の諸問題』

(石井清純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円爾弁円
えんにべんえん

[生]建仁2(1202).10.15. 駿河
[没]弘安3(1280).10.17. 京都
鎌倉時代の臨済宗の僧。初め円爾房といい,のち円爾を実名とした。弁円は字。5歳で久能山の堯弁の室に入り,次いで三井寺で天台を学び,東大寺で受戒,さらに上野世良田の長楽寺の栄朝,鎌倉寿福寺の行勇について禅を修めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

円爾弁円の関連情報