コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円爾弁円 えんじ べんえん

美術人名辞典の解説

円爾弁円

鎌倉中期の臨済宗の僧。東福寺の祖。駿河生。号は円爾房、謚号は聖一国師園城寺にて剃髪、上野長楽寺釈円栄朝に就いて臨済禅を学ぶ。のち入宋して無準師範に参じ、その法を嗣ぐ。帰国後、関白九条道家の招請で禅要を説き、聖一和尚の名を賜り、山城東福寺の開山となる。後嵯峨天皇亀山天皇北条時頼らに授戒するなど宮廷・武士の帰依を得、門下東山湛照・南山士雲らを輩出し、聖一派を形成した。弘安3年(1280)寂、79才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

円爾弁円

没年:弘安3.10.17(1280.11.10)
生年:建仁2.10.15(1202.11.1)
鎌倉時代の禅僧,臨済宗聖一派派祖。諡号は聖一国師。駿河国(静岡県)に生まれ,5歳のときに久能山に入る。はじめ教典,外典の研鑽に努めるが,22歳になって禅門を志し,上野長楽寺に臨済宗の栄朝を訪ねた。嘉禎1(1235)年4月,34歳で入宋。臨済宗大慧派の無準師範に7年間参学,その法を嗣いだ。しかし,伝記資料がいずれも,そのときの大悟の機縁を記録していないのは,円爾の経歴上,第一の不思議である。帰国後は九州を中心に活動を行っていたが,寛元1(1243)年,九条道家の篤い帰依を得て,道家が京都に建立した東福寺の開山第1世となる。ちなみに東福寺の寺号は,東大寺と興福寺から1字を取り,その規模の壮大さを示したものである。入院後は,後嵯峨,亀山両上皇へ授戒を行い,また東大寺,天王寺の幹事職を勤めるなど,朝廷,幕府あるいは旧仏教とも積極的にかかわりを持った。同時に学僧の指導にも努め,東山湛照,白雲慧暁,無関玄悟など,のちの五山禅林の発展に大きく影響を与える弟子を輩出した。この門流を聖一派と呼んでいる。学風は,智慧弁才に秀でた円爾ならではの,客観性,包容性に富んだものであったといわれる。79歳の秋,東福寺において遷化,常楽庵に葬られた。直筆の遺偈(末期の漢詩)が東福寺に現存する。また頂相(肖像画)としては南禅寺天授庵に所蔵されるものが有名。<参考文献>『聖一国師年譜』,『元亨釈書』7巻,玉村竹二『臨済宗史』,船岡誠『日本禅宗の成立』,古田紹欽『日本禅宗史の諸問題』

(石井清純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円爾弁円
えんにべんえん

[生]建仁2(1202).10.15. 駿河
[没]弘安3(1280).10.17. 京都
鎌倉時代の臨済宗の僧。初め円爾房といい,のち円爾を実名とした。弁円は字。5歳で久能山の堯弁の室に入り,次いで三井寺で天台を学び,東大寺で受戒,さらに上野世良田の長楽寺の栄朝,鎌倉寿福寺の行勇について禅を修めた。嘉禎1 (1235) 年入宋,無準師範 (むじゅんしはん) の法を継いで仁治2 (41) 年帰国し,横岳の崇福寺,博多の承天寺などの開山となった。やがて摂政九条道家に招かれて東福寺開山となり,建長6 (54) 年鎌倉に下って北条時頼の帰依を受け,正嘉1 (57) 年には後嵯峨上皇に,次いで亀山天皇,後深草上皇に授戒するなど,禅宗を鎌倉幕府,朝廷に広めた。没後,応長1 (1311) 年花園天皇から聖一国師の勅諡号を受けた。その法流を聖一派という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

円爾弁円の関連キーワード大安寺(大阪府)崇福寺(福岡市)聖一国師仮名法語寿福寺境内無関普門自然居士高峰顕日蔵山順空建長寺建仁寺謝国明万寿寺黄檗宗無住菓子

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円爾弁円の関連情報