コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安養寺 あんようじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安養寺
あんようじ

鳥取県米子(よなご)市福市(ふくいち)にある寺。会見山西月院(さいげついん)と号し、時宗(じしゅう)に属する。1331年(元弘1)後醍醐(ごだいご)天皇の隠岐(おき)配流のとき、その身を案じた皇女瓊子(たまこ)内親王は当地まで随従して尼僧(安養尼)となったが、天皇還幸ののち、建武(けんむ)年間(1334~1336)に後醍醐天皇勅願所として瓊子内親王によって創建された。内親王没後、15代までは尼寺。江戸時代には寺領100石の朱印地として明治維新まで栄えた。本尊の阿弥陀如来(あみだにょらい)は鎌倉時代の春日(かすが)仏師の作と伝えられる。[大鹿実秋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

安養寺の関連キーワード奈良県磯城郡田原本町八尾滋賀県大津市石山南郷町栃木県宇都宮市材木町滋賀県栗東市安養寺東京都大田区西六郷滋賀県大津市逢坂豊浦(山口県)かき餅(欠餅)長門鋳銭所跡安養寺瓦経塚高森[町]犬伏瓦経塚高畠 寛我大徳寺文書松坂 帰庵四時堂其諺瓊子内親王小川宇兵衛福市遺跡高雲祖稜

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安養寺の関連情報