コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安養寺 あんようじ

3件 の用語解説(安養寺の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安養寺
あんようじ

鳥取県米子(よなご)市福市(ふくいち)にある寺。会見山西月院(さいげついん)と号し、時宗(じしゅう)に属する。1331年(元弘1)後醍醐(ごだいご)天皇の隠岐(おき)配流のとき、その身を案じた皇女瓊子(たまこ)内親王は当地まで随従して尼僧(安養尼)となったが、天皇還幸ののち、建武(けんむ)年間(1334~1336)に後醍醐天皇勅願所として瓊子内親王によって創建された。内親王没後、15代までは尼寺。江戸時代には寺領100石の朱印地として明治維新まで栄えた。本尊の阿弥陀如来(あみだにょらい)は鎌倉時代の春日(かすが)仏師の作と伝えられる。[大鹿実秋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安養寺の関連キーワード十日町市安養安養界安養浄土十日町安養院極楽安養浄土安養寺禾麿安養尼

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安養寺の関連情報