郷土(読み)きょうど

精選版 日本国語大辞典「郷土」の解説

きょう‐ど キャウ‥【郷土】

〘名〙
① 自分の生まれ育った土地。自分を育てた地理的環境。おもに、文化的な面を含めていい、「郷里」よりも広い地域をさす。
※草枕(1906)〈夏目漱石〉一二「彼の画題は彼の郷土にはない」 〔列子‐天瑞〕
② 田舎。地方。また、田舎であるその土地。
※三代格‐八・養老元年(717)一一月二二日「其応官主用料物。所司冝度年別用度。並随郷土所一レ出附国役中男

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「郷土」の解説

きょう‐ど〔キヤウ‐〕【郷土】

自分が生まれ育った土地。故郷。「郷土の誇り」「郷土愛」
その地方・土地。「郷土史」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の郷土の言及

【郷土意識】より

…郷土に対する自意識として形成される観念。郷土はある個人の生まれ育った土地であるとともに,生活様式や思考形成など自己の人格形成がなされる場でもある。…

【郷土教育】より

…郷土の自然や生活,文化を教材とすることによって教授・学習を直観化するとともに,郷土愛ひいては祖国愛を育てることを目的とする教育。日本の郷土教育は,明治初期ペスタロッチの直観教授(実物教授)の思想に基づいて,郷土教材を利用した地理教育と理科教育にはじまる。…

※「郷土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android