コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発電効率 はつでんこうりつgross thermal efficiency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発電効率
はつでんこうりつ
gross thermal efficiency

発電に用いられた燃料エネルギーが電気に変換される割合。同量の燃料でより多くの電力をつくるため,発電効率を高めようと技術開発が盛んに行なわれている。 1988年の火力発電の発電効率は,平均で 38.6%である。ガスタービン蒸気タービンとを組み合わせた複合サイクル発電は,燃料ガスのエネルギーを2度利用し,高い発電効率 (42~43%) が得られるので,電力各社で導入が図られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

発電効率の関連キーワードクリーンコールテクノロジーコンバインドサイクル発電固体酸化物形燃料電池マイクロガスタービン石炭ガス化複合発電コジェネレーション熱電併給システム集光型太陽光発電太陽電池用ガラスリン酸形燃料電池地熱(ちねつ)宇宙太陽光発電水素エネルギーバイナリー発電原子炉圧力容器グリーン水素化合物半導体洋上風力発電太陽光発電超伝導発電

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発電効率の関連情報