登内 微笑(読み)トノウチ ミショウ

20世紀日本人名事典の解説

登内 微笑
トノウチ ミショウ

大正・昭和期の日本画家



生年
明治24(1891)年2月2日

没年
昭和39(1964)年3月2日

出生地
東京・神田

出身地
長野県

本名
登内 正吉

学歴〔年〕
京都市立絵画専門学校大正14年〕卒

経歴
菊池契月、寺崎広業に師事。大正9年第2回帝展で「奈良の作(春日若宮、不退寺末社の山)」が初入選。14年第6回帝展「歓喜光」、昭和2年第8回帝展「多武之岸春雪」が特選となり、官展を中心に活動した。4年第10回帝展では審査員を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android