コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白い百足虫(むかで)

デジタル大辞泉プラスの解説

白い百足虫(むかで)

藤原審爾(しんじ)の小説。1952年発表。同年、『罪な女』『斧の定九郎』とあわせ第27回直木賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

白い百足虫(むかで)の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広級化層理新藤兼人川島雄三市川崑久松静児森一生成瀬巳喜男日中関係

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone