コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原審爾 フジワラシンジ

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐しんじ〔ふぢはら‐〕【藤原審爾】

[1921~1984]小説家。東京の生まれ。私小説的な恋愛もので執筆活動をスタートするが、その後は推理小説や社会派の問題作に領域を広げる。「罪な女」およびその他の作品で直木賞受賞。他に「秋津温泉」「赤い殺意」「死にたがる子」など。映像化された作品も数多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

藤原審爾【ふじわらしんじ】

小説家。東京生れ。幼時に両親を失い,岡山県の祖母のもとで育つ。肺結核のため青山学院高商中退。《秋津温泉》(1947年)などの抒情的私小説で地歩を得てのち,屈折した過去を背景とする《愛撫》《魔子を待つ間》などで非情な愛欲関係を描く私小説を多作するが,しだいに風俗小説に転じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原審爾 ふじわら-しんじ

1921-1984 昭和時代後期の小説家。
大正10年3月7日生まれ。外村(とのむら)繁に師事。昭和22年「秋津温泉」で作家としてみとめられる。私小説から風俗小説に転じ,27年「罪な女」で直木賞。「赤い殺意」など推理小説もかく。昭和59年12月20日死去。63歳。東京出身。青山学院中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原審爾
ふじわらしんじ
(1921―1984)

小説家。東京生まれだが、幼少年期を父の郷里、岡山県で過ごす。青山学院高商部を結核で中途退学。奥津温泉で両親のいない少年を描く清洌(せいれつ)な恋愛小説『秋津温泉』(1947)を『人間』に発表。第二次世界大戦後の混乱期に新進作家として登場。のち風俗作家として、アメリカ兵相手の娼婦(しょうふ)や男女の愛欲関係を叙情的な筆致で描く。『罪な女』(1952)で第27回直木賞受賞。推理小説に『赤い殺意』(1959)などがある。日本共産党系の刊行物に発表した作品『死にたがる子』(1978)、『落ちこぼれ家庭』(1979)などで社会的な焦眉(しょうび)の問題を扱った問題小説にも意欲を示す。[伊藤和也]
『『藤原審爾作品集』全7巻(1957~58・森脇文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

藤原審爾の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門スペースシャトル飛行記録フォード(John Ford(1895―1973))帰山教正丹下健三鈴木志郎康朝鮮映画ツイ・ハーク[各個指定]芸能部門ヴェナイト

藤原審爾の関連情報