コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原審爾 フジワラシンジ

4件 の用語解説(藤原審爾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐しんじ〔ふぢはら‐〕【藤原審爾】

[1921~1984]小説家。東京の生まれ。私小説的な恋愛もので執筆活動をスタートするが、その後は推理小説や社会派の問題作に領域を広げる。「罪な女」およびその他の作品で直木賞受賞。他に「秋津温泉」「赤い殺意」「死にたがる子」など。映像化された作品も数多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤原審爾【ふじわらしんじ】

小説家。東京生れ。幼時に両親を失い,岡山県の祖母のもとで育つ。肺結核のため青山学院高商中退。《秋津温泉》(1947年)などの抒情的私小説で地歩を得てのち,屈折した過去を背景とする《愛撫》《魔子を待つ間》などで非情な愛欲関係を描く私小説を多作するが,しだいに風俗小説に転じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原審爾 ふじわら-しんじ

1921-1984 昭和時代後期の小説家。
大正10年3月7日生まれ。外村(とのむら)繁に師事。昭和22年「秋津温泉」で作家としてみとめられる。私小説から風俗小説に転じ,27年「罪な女」で直木賞。「赤い殺意」など推理小説もかく。昭和59年12月20日死去。63歳。東京出身。青山学院中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原審爾
ふじわらしんじ
(1921―1984)

小説家。東京生まれだが、幼少年期を父の郷里、岡山県で過ごす。青山学院高商部を結核で中途退学。奥津温泉で両親のいない少年を描く清洌(せいれつ)な恋愛小説『秋津温泉』(1947)を『人間』に発表。第二次世界大戦後の混乱期に新進作家として登場。のち風俗作家として、アメリカ兵相手の娼婦(しょうふ)や男女の愛欲関係を叙情的な筆致で描く。『罪な女』(1952)で第27回直木賞受賞。推理小説に『赤い殺意』(1959)などがある。日本共産党系の刊行物に発表した作品『死にたがる子』(1978)、『落ちこぼれ家庭』(1979)などで社会的な焦眉(しょうび)の問題を扱った問題小説にも意欲を示す。[伊藤和也]
『『藤原審爾作品集』全7巻(1957~58・森脇文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原審爾の関連キーワード有吉佐和子梶山季之仁木悦子山田克郎川上宗薫折目博子小林美代子咲村観福地文乃結城信一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原審爾の関連情報