白口(読み)シログチ

精選版 日本国語大辞典の解説

しら‐くち【白口】

〘名〙
① 魚「いしもち(石持)」の異名。〔箋注和名抄(1827)〕
② 楮(こうぞ)の皮で作った綱。こうぞつな。

しろ‐ぐち【白口】

〘名〙 ニベ科の海産魚。全長約三〇センチメートル。体は銀白色で、えらぶた上部に黒紋がある。鱗(うろこ)ははげやすい。かまぼこの原料。松島湾付近からインド洋まで分布。頭部にある耳石(じせき)が石に似ているところから「いしもち(石持)」の異名で知られる。近似種が多い。くち。うしぬすびと。ぐち。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android