コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石持/石首魚 イシモチ

デジタル大辞泉の解説

いし‐もち【石持/石魚】

シログチ別名

こく‐もち【石持/黒餅】

紋所の名。黒い円形で中に文様のないもの。もと矢口の祭りの黒餅をかたどったものといわれる。
定紋をつけるべき所を白抜きにして染め、あとでその中に紋を描き込むことができるようにしたもの。また、その衣服

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石持
こくもち

紋付の生地を染めるとき、紋を入れる個所を白く円形に染め抜いたもの。また、その紋付の衣服をいう。既製染めの留袖(とめそで)、喪服などは石持になっていて、客の注文に応じて定紋を描き入れる。これを紋章上絵描きという。輪なしの紋の場合は誂(あつら)え染めにする。
 歌舞伎(かぶき)衣装でいう石持は、身分の低い武家、浪人、町人、百姓の男女が着るもので、家紋を入れる位置を丸く白抜きにしたままの小袖(こそで)である。地色は飛石(とびこく)といわれる栗梅(くりうめ)色や、海老石(えびこく)といわれる海老茶系が多く、『菅原(すがわら)』の「寺子屋」の戸浪(となみ)、『弁慶上使(じょうし)』のおわさが着る留袖がその例。また『妹背山(いもせやま)』のお三輪(みわ)など田舎(いなか)娘が着るときは、萌黄(もえぎ)色の模様入りの振袖が石持になっている。男子でも時代物で、百姓、漁師などが主要な役をする場合は茶系の石持を用い、若い男の場合は浅葱(あさぎ)系の色が多い。[岡野和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

石持 (イシモチ)

動物。ニベ科の海水魚。ニベの別称

石持 (イシモチ)

植物。モウセンゴケ科の多年草食虫植物,園芸植物。イシモチソウの別称

石持 (イシモチ)

植物。キク科の多年草,薬用植物。メナモミの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

石持/石首魚の関連キーワード佐良山古墳群白餅・白餠横穴式石室ちくわ練製品伊達巻石神紋付着付紋所文様

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android