葬礼(読み)そうれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「葬礼」の解説

葬礼
そうれい

死体の処理に伴うで,葬式葬儀などともいう。霊魂信仰を基調としてきた日本人の伝統的な考え方では,死体に含まれる霊魂の処理を完了するまでの全期間,つまり死の前後から死者の供養をしなくなる弔い上げまでを葬礼と呼ぶべきであったが,仏教が死の儀礼を専管するようになってから,埋葬または火葬以後の諸儀式を仏教式に供養と呼ぶことになったため,一般には息を引取ってから埋葬または火葬までの諸式を,葬礼と呼ぶことが多くなり,さらには遺体を葬家から墓地へ運ぶまでの諸式に限って,葬礼と呼ぶようにもなった。この狭い意味での葬礼は,家葬礼,庭葬礼,墓葬礼に分けることができる。家葬礼は出棺までの家屋内での諸式で,近親者が死者に別れを告げ,座敷から縁側を通って出棺するが,そのとき仮門といって,割竹などでつくった門形をくぐって出す (→死霊 ) 。庭では葬列を整え,左回りに3回まわったりする。墓では僧に引導を渡してもらい,近親者が少しずつ土を掛けてから埋葬し,土饅頭を築いて上に霊屋 (たまや) を載せ,供物や灯明や線香を上げたりする。 (→葬制 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

普及版 字通「葬礼」の解説

【葬礼】そう(さう)れい

葬儀の礼。〔後漢書、皇下、桓帝皇后紀〕后の母宣を封じて長安君と爲す。~宣卒(しゆつ)す。禮、皆后母の儀に依る。

字通「葬」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android