コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葬礼 そうれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葬礼
そうれい

死体の処理に伴う儀礼で,葬式,葬儀などともいう。霊魂信仰を基調としてきた日本人の伝統的な考え方では,死体に含まれる霊魂の処理を完了するまでの全期間,つまり死の前後から死者の供養をしなくなる弔い上げまでを葬礼と呼ぶべきであったが,仏教が死の儀礼を専管するようになってから,埋葬または火葬以後の諸儀式を仏教式に供養と呼ぶことになったため,一般には息を引取ってから埋葬または火葬までの諸式を,葬礼と呼ぶことが多くなり,さらには遺体を葬家から墓地へ運ぶまでの諸式に限って,葬礼と呼ぶようにもなった。この狭い意味での葬礼は,家葬礼,庭葬礼,墓葬礼に分けることができる。家葬礼は出棺までの家屋内での諸式で,近親者が死者に別れを告げ,座敷から縁側を通って出棺するが,そのとき仮門といって,割竹などでつくった門形をくぐって出す (→死霊 ) 。庭では葬列を整え,左回りに3回まわったりする。墓では僧に引導を渡してもらい,近親者が少しずつ土を掛けてから埋葬し,土饅頭を築いて上に霊屋 (たまや) を載せ,供物や灯明や線香を上げたりする。 (→葬制 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐れい〔サウ‐〕【葬礼】

死者をほうむる儀式。とむらい。葬儀。葬式。喪礼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうれい【葬礼】

死者をほうむる儀式。葬式。葬儀。とむらい。喪礼。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

葬礼の関連キーワードピラミッド・テキストアキレウスの画家不道外・不道化白地レキュトスワヤン・トペンビビエーナ家ジャール平原白張り提灯霊殿・魂殿逆さの葬礼死に出立ち葬輿嫁入り高張提灯わいやいピュトン死者の書菩提寺無常門五墓日樹木葬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葬礼の関連情報