コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白朗 はくろうBai Lang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白朗
はくろう
Bai Lang

[生]1912
[没]1994
中国の女性作家。本名,劉東蘭。遼寧省瀋陽市の人。ハルビンや上海で創作や編集を経験したあと,1941年延安に行き『解放日報』の文学欄を編集する。 1945年中国共産党中央党校で入党。 1950年より東北作家協会で創作に専念するかたわら,朝鮮戦争では6回戦場に赴く。 1954年,第1回全国人民代表大会代表,全国婦女連合会委員に選ばれる。主作品,『西行散記』『犠牲』『為了幸福的明天』『鍛錬』『一面光栄的旗幟』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の白朗の言及

【白狼蜂起】より

…中国,1912‐14年の反袁世凱の民衆闘争。河南省宝豊県の人,白狼(白朗とも書かれた。1873‐1914)が指導した。…

※「白朗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白朗の関連キーワードトム ハンクス光の科学史バーブシャ乱Q記者クラブ明治天皇大正バルカン戦争中国国民党アルバニア文学

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone