コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白猪骨 しらいの ほね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白猪骨 しらいの-ほね

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
天武天皇13年(684)留学先の唐(とう)(中国)から新羅(しらぎ)(朝鮮)をへて帰国。文武天皇4年(700)「大宝律令」の編集に参加し,その功により禄をあたえられた。名は宝然ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

白猪骨

生年:生没年不詳
7世紀末の官人,学者。渡来系氏族の出身。名は宝然とも書く。唐に留学し,天武13(684)年,新羅経由で帰国。大宝律令制定に参画,その功で文武4(700)年褒賞された。位は務大壱。<参考文献>関晃『帰化人』

(東野治之)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

白猪骨の関連キーワード天武天皇あすか関晃飛鳥官吏

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android