コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白石ハル しらいし ハル

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白石ハル しらいし-ハル

1899-1981 昭和時代後期の社会事業家。
明治32年生まれ。福岡県の人。浄土真宗信者で,昭和35年夫の没後から福岡市内外の刑務所,更生施設,福祉施設をめぐり慰問につとめた。死刑囚からは母としたわれ,人々とかわした便りは約2500通にのぼった。昭和56年1月20日死去。82歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白石ハルの関連キーワード[各個指定]芸能部門ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ[各個指定]工芸技術部門ラジャイ北川透銀行法座散乱木遺跡灰谷健次郎布野修司ングーギ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android