白石春樹(読み)しらいし はるき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白石春樹 しらいし-はるき

1912-1997 昭和時代後期の政治家。
明治45年1月2日生まれ。昭和22年愛媛県議となり,31年全国に先がけて教職員勤務評定の実施を推進した。県農協中央会会長をつとめ,46年知事に当選,4期つとめる。地元紙「日刊新愛媛」に対する取材拒否や皇室崇拝などで論議をよぶ。平成9年3月30日死去。85歳。愛媛県出身。高松高商(現香川大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android