白船(読み)シロフネ

大辞林 第三版の解説

しろふね【白船】

塗装を施さない白木のままの船。江戸時代、幕府・諸藩の船が漆塗りであったのに対し、民間の船はそれらと区別するため塗装しなかった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しろ‐ふね【白船】

〘名〙
外面塗装しない白木のままの船。江戸時代民間の船は塗装しなかったが、幕府諸藩の船は黒、朱などの漆塗りとする場合が多く、そのため塗らない船をそれらと区別していったもの。
信長公記(1598)一一「并に滝川左近大船一艘、是は白舟に拵へ」
② =ジャンク(戎克)〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白船の関連情報