信長公記(読み)しんちょうこうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信長公記
しんちょうこうき

「のぶながこうき」とも読む。別名『安土記』『信長記』。安土桃山時代軍記。 16巻。織田信長,のち豊臣秀吉の右筆太田和泉守資房 (牛一) 著。慶長5 (1600) 年頃成立。首巻信長の幼少時の織田家,尾張,美濃およびその周辺の政情,永禄 11 (1568) 年上洛するまでの信長の経歴を記し,第1~15巻は,上洛後から天正 10 (82) 年までの信長の事績編年体で記述し1年を1巻に収めたもの。全体を通して誤りもあるが,信長およびその家臣の伝記史料としてよく使われる。写本が数種類ある。なお『史籍集覧』に収める『信長記』 (15巻) は慶長 16 (1611) 年小瀬甫庵がこの『信長公記』の一部を書直したもの (22刊) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

信長公記【しんちょうこうき】

〈のぶながこうき〉とも読み,《安土記》とも。織田信長の右筆(ゆうひつ)太田牛一(ぎゅういち)の著。16巻。1568年信長入京より1582年の本能寺の変までの信長の一代記。これをもとにしたものに小瀬甫庵(おせほあん)著《信長記》15巻(1622年)がある。
→関連項目軍記

信長公記【のぶながこうき】

信長(しんちょう)公記

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんちょうこうき【信長公記】

太田牛一が〈日記〉に基づいて記録した織田信長の軍記。16巻16冊。1568年(永禄11)信長上洛以前の行動を記述した首巻1巻と上洛以後の行動を記録した15巻とから成る。15巻の部分には慣例上《原本信長記》と称される写本があり,良質の史料とされてきたが,この書は岡山大学池田家文庫蔵《信長記》15巻15冊で,牛一の自筆を含む善本であり,重要文化財に指定されている。《信長公記》と《原本信長記》との成立事情は必ずしも明らかではないが,前者は記事が豊富であり,首巻を伴っているので一般には利用度が高い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんちょうこうき【信長公記】

軍記。一六巻。織田信長の右筆太田牛一著。1600年頃成立。信長の入洛から本能寺の変で最期をとげるまでの事歴を、年月を追って記述したもの。のぶながこうき。安土記。

のぶながこうき【信長公記】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんちょうこうき シンチャウコウキ【信長公記】

近世初頭の軍記。一六巻。太田牛一著。慶長三年(一五九八)成立。織田信長の事績を、その右筆であった筆者が編年的に記したもの。これをもととしたものに、小瀬甫庵の「信長記」がある。のぶながこうき。

のぶながこうき【信長公記】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の信長公記の言及

【太田牛一】より

…安土桃山時代の武士,軍記作者。尾張の人。通称又助。織田信長に仕えて戦功をあげ,近江の奉行,さらにその死後豊臣秀吉のもとで検地奉行,蔵入地代官などを務める。晩年は軍記の著述に専念し,1610年(慶長15)84歳に至っても述作に励んでいたことが確認できる。著作として《信長記》《大かうさまくんきのうち》《関ヶ原御合戦双紙》《今度之公家双紙(《猪隈物語》)》《豊国大明神臨時御祭礼記録》などがある。【久留島 典子】…

【覚書】より

…戦国時代や安土桃山・江戸時代初期に多く記録されている。聞書,留書,置文,書上などの形をとることが多いが(《渡辺勘兵衛武功覚書》など),現在はむしろ文学作品として扱われている覚書も多い(《信長公記》《三河物語》など)。筆者には,文筆に秀でた御伽衆(おとぎしゆう)などの武士が多い。…

※「信長公記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信長公記の関連情報