コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白髪苔/白髪蘚 シラガゴケ

デジタル大辞泉の解説

しらが‐ごけ【白髪×苔/白髪×蘚】

シラガゴケ科のコケ植物の総称。山地の腐木や岩の上に群生する。高さ約5センチ。雌雄異株。葉はひげ状で白みがかった緑色。庭園などに用いる。オキナゴケ・オオシラガゴケなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しらがごけ【白髪苔】

シラガゴケ属のコケ植物の総称。世界に100種以上、日本には約10種が知られる。葉の外側に大きく透明な細胞をもち、白みがかって見えることからの名。保水力が大きいので、山苔やまごけと称して、園芸用土に用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

白髪苔/白髪蘚の関連キーワード園芸用土

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android