白鬚大明神(読み)しらひげだいみょうじん

精選版 日本国語大辞典「白鬚大明神」の解説

しらひげ‐だいみょうじん ‥ダイミャウジン【白鬚大明神】

[1] 白鬚神社のこと。
[2] 〘名〙 近世にあった遊びの名。一人が白鬚大明神となってこよりを下にはさみ、もう一人がそれを受け取るために他端を下唇にはさみ、互いに引っぱり合って、笑い出して紙を放すと負けとなる。〔黄表紙・白髭明神御渡申(1793)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報