他端(読み)たたん

精選版 日本国語大辞典「他端」の解説

た‐たん【他端】

〘名〙 他のはし。もう一方のはし。
※改正増補物理階梯(1876)〈片山淳吉〉一「天秤の一端に銅板一片を懸け他端の秤盤に法馬(〈注〉おもり)を載せて之を平均せしめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android