コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百周年記念館 ヒャクシュウネンキネンカン

デジタル大辞泉の解説

ひゃくしゅうねん‐きねんかん〔ヒヤクシウネンキネンクワン〕【百周年記念館】

Hala Stulecia》ポーランド南西部の都市ウロツワフの中心市街東部にある建物。シチトゥニツキ公園内に位置する。ライプチヒの戦いの勝利から100周年を記念し、1911年から1913年にかけて建造。設計はマックスベルク。世界最大級のコンクリートドーム型建築として知られ、2006年に世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百周年記念館の関連キーワードイーラン(依蘭)鎮満洲族

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

百周年記念館の関連情報