百度石(読み)ひゃくどいし

精選版 日本国語大辞典「百度石」の解説

ひゃくど‐いし【百度石】

〘名〙 社寺の境内にたてて、百度参りで往復する距離の標識とする。おひゃくどいし。
風俗画報‐一五三号(1897)不動堂の現況「階を登(のぼ)れば、右に百度石あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「百度石」の解説

ひゃくど‐いし【百度石】

百度参りをする際の標識として設けられている石。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の百度石の言及

【百度参り】より

…百社参りと同様の心理に基づく習俗で,たんに一度だけでなく百度参詣することによってみずからの信仰心のあつさと祈願の切実さを訴えて神仏の加護や霊験を得ようとしたのである。寺社側でも百度参りのために,百度石を立てて本堂との間を往復参拝できるようにしたり,数取りのための掛札をかけたりする。百度参りは俗に〈お百度を踏む〉といわれ,千度参りも同一の形式と趣旨をもつ習俗である。…

※「百度石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android