百日改革(読み)ひゃくにちかいかく

精選版 日本国語大辞典の解説

ひゃくにち‐かいかく【百日改革】

中国、清の徳宗(光緒帝)のときの政治改革。康有為・梁啓超ら革新派が変法自強を目標とした。光緒二四年(一八九八)六月一一日に始まり、同年九月二一日、西大后ら保守派のクーデターによりわずか百日余で失敗に終わった。戊戌(ぼじゅつ)の変法。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報