コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変法自強 ヘンポウジキョウ

大辞林 第三版の解説

へんぽうじきょう【変法自強】

〔法を変えて自らを強くする意〕
清朝末期、洋務運動に対し康有為こうゆうい・梁啓超りようけいちようらが制度の根本的改革を主張して推進した政治改革運動。日清戦争後、光緒帝の信を得て憲法制定・国会開設・学制改革などを行おうとしたが、戊戌ぼじゆつの政変により失敗した。戊戌変法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

変法自強の関連キーワード光緒帝(こうしょてい)戊戌の政変戊戌の変法戊戌変法戊戌政変唐才常沈家本譚嗣同黄遵憲政変仁学戊戌何休

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android