コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変法自強 ヘンポウジキョウ

2件 の用語解説(変法自強の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へんぽう‐じきょう〔ヘンパフジキヤウ〕【変法自強】

中国、清朝末期の政治改革運動。康有為梁啓超らが中心になり、議会政治を基礎とする立憲君主制の樹立をめざした。光緒帝の支持を受けたが、西太后ら保守派の弾圧(戊戌(ぼじゅつ)の政変)によって失敗した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

へんぽうじきょう【変法自強】

〔法を変えて自らを強くする意〕
清朝末期、洋務運動に対し康有為こうゆうい・梁啓超りようけいちようらが制度の根本的改革を主張して推進した政治改革運動。日清戦争後、光緒帝の信を得て憲法制定・国会開設・学制改革などを行おうとしたが、戊戌ぼじゆつの政変により失敗した。戊戌変法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

変法自強の関連キーワード康有為有為孔子改制考買弁梁啓超清朝戊戌変法新舞踊劇運動戊戌の政変サウジの政治改革