コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康有為 こう ゆうい

美術人名辞典の解説

康有為

清国・民国初の政治家・学者。広東省南海生。初名は祖詒、字は広厦、号に長素・南海等。廖平公羊学を学び、陸象山王陽明に私淑して研究し、仏教・洋学も修める。立憲政治運動・変法自強運動を進め、光緒帝に用いられて中国近代化の先駆者として大きな役割を果たした。袁世凱裏切りによる西太后ら守旧派のクーデターにより日本に亡命保皇会を組織し保守派の中心として活躍した。民国16年(昭和2・1927)歿、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

康有為【こうゆうい】

中国,清末の公羊(くよう)学者,政治家。広東省の人。1895年の進士。日清戦争の敗北から日本の明治維新を範とした立憲君主政体への変法自強を主張。上書して光緒帝を動かし,1898年総理外国事務衙門章京に登用され改革に着手したが,西太后中心の保守派に弾圧され(戊戌(ぼじゅつ)変法)失敗。
→関連項目公羊学孔教黄遵憲北京大学梁啓超廖平

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

康有為 こう-ゆうい

1858-1927 中国の思想家,政治家。
咸豊8年3月19日生まれ。国家制度の改革をとなえ,1898年光緒帝の支持をえて憲法制定などをおこなおうとしたが,西太后らの保守派に弾圧されて失敗,日本に亡命した(戊戌(ぼじゅつ)の政変)。1927年3月21日中国で死去。70歳。広東省出身。字(あざな)は広廈。号は長素。別名に祖詒。著作に「大同書」「孔子(こうし)改制考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうゆうい【康有為 Kāng Yŏu wéi】

1858‐1927
中国,清末の学者,政治家。字は広厦(こうか),号は長素,のちに更生と称した。広東省南海県の生れで,門人から南海先生とよばれた。はじめ同郷の朱次琦について宋学を主とする漢宋兼採の学をまなび,のち陽明学や仏教に傾き,さらに当時漢訳された欧米の書籍を通じて西洋近代の政治・学術をも研究した。1888年(光緒14),順天郷試受験のため入京,時の皇帝に政治制度の改革を要求する上書をおこなって政界波紋を投じた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうゆうい【康有為】

1858~1927) 中国の学者・政治家。号は長素。広東省の人。変法自強を唱え、光緒帝に認められ革新政治を断行したが、失敗して日本に亡命。辛亥しんがい革命後は清朝回復・儒教振興をはかった。公羊学くようがくを大成。著「大同書」「孔子改制考」など。カン=ユーウェイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

康有為
こうゆうい
Kang You-wei; K`ang Yu-wei

[生]咸豊8(1858).3.19.
[没]1927.3.31. 青島
中国,清末~民国初期の思想家,政治家。広東省南海県の人。字は広厦 (こうか) 。号は長素。公羊学を奉じ,『新学偽経考』 (1891) ,『孔子改制考』 (1897) を著して正統派儒学を否定し,新しい儒教学説を掲げた。その間,日清戦争の直後,挙人を糾合して連名で講和反対,遷都,変法 (→変法自彊運動 ) を請願するいわゆる公車上書を行ない,その後も政治改革についての上書を再三試みた。光緒 24 (1898) 年第7回の上書が光緒帝を動かして維新の勅命がくだり,招かれて立憲君主制のもとに民族資本を発展させ,中国を近代化するというその主張に基づくいわゆる戊戌の変法を断行した。しかし西太后を中心とする保守派のクーデターにあい,100日で失脚して梁啓超とともに日本に亡命。保皇会を結成して幽閉された光緒帝の擁立をはかり,孫文の率いる革命党と対立した。辛亥革命後は上海にあって孔教会を結成し,孔子の教えによる秩序の回復を主張したり清朝の再興をはかるなど,時代から落伍した保守派の巨頭となり,やがて失意のうちに死去した。主著『大同書』,詩文集『康有為文選』『南海先生詩集』などがあり,書道の名手でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

康有為
こうゆうい / カンユーウェイ
(1858―1927)

中国、清(しん)末民初の思想家、政治家。字(あざな)は長素。南海先生と号す。広東(カントン)省南海県出身。清仏戦争の敗北に大きな衝撃を受け、学問、思想を形成した、と自ら述べている。公羊(くよう)学を学んで『新学偽経考』『孔子改制考』『春秋董子(くんし)学』などを書き、儒教の経典を新たに解釈し直す可能性を切り開き、士大夫層の大きな反響をよんだ。日清戦争の敗北によっていっそう危機感を強め、同志を集めて政治改革の請願を行い、学会を組織し、士大夫層の啓蒙(けいもう)に努めた。進士の試験に合格したのち、光緒帝(こうしょてい)の知遇を得て、政体改革、富国強兵、人材登用、教育改革、孔子教設立などを上奏し、光緒帝はこれらの内容を上諭として発布し、改革を推進しようとした。これがいわゆる「戊戌(ぼじゅつ)の変法」である。しかしこの改革は、清朝内に圧倒的勢力をもつ西太后(せいたいこう)や保守派官僚の反対にあい、戊戌政変クーデターにより挫折(ざせつ)し、康は弟子の梁啓超(りょうけいちょう)とともに日本に亡命した。康有為の変法論は公羊学、大同思想を根幹とし、それに西ヨーロッパの進化論や政治思想、仏教などを結合した独自の思想をもち、その思想はその後『大同書』にほぼまとめられた。その後の康は孔子教設立を熱心に唱え、清末の革命運動や民国初年の新知識層の新文化運動などと対立した。[伊東昭雄]
『野村浩一著『近代中国の政治と思想』(1964・筑摩書房) ▽小野川秀美著『清末政治思想研究』(1969・みすず書房) ▽竹内弘行著『康有為と近代大同思想の研究』(2008・汲古書院) ▽村田雄二郎編『新編 原典中国近代思想史 第2巻――万国公法の時代』(2010・岩波書店) ▽高田淳著『中国の近代と儒教』(紀伊國屋新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の康有為の言及

【今文学】より

…さらに龔自珍(きようじちん),魏源は通経致用を鼓吹して今文学を政治変革の理論とした。 最後に清代今文学を集大成したのは,康有為である。彼はまず劉逢禄や廖平(りようへい)(1852‐1932)の説を継承発展させて《新学偽経考》を著し,古文経書はすべて劉歆の偽作であり,孔子の〈微言大義〉は今文経にこそ記されていると論じ,ついで《孔子改制考》で,孔子を孔子教の開祖だとし,さらに《大同書》では,《礼記(らいき)》礼運篇の大同小康説と何休の張三世説とを結びつけた大同世界(ユートピア)への三段階歴史発展説を説いた。…

【公羊学】より

… その後,清代中ごろに至り,まず常州(江蘇省)の荘存与(1719‐88)が《春秋公羊伝》を顕彰し,ついで劉逢禄が何休の公羊学を重んじ《左氏伝》は劉歆の偽作だと指摘し,さらに龔自珍(きようじちん),魏源は,現実を遊離した考証学的学風を批判し,当面の崩壊しつつある王朝体制を救うために,何休の公羊学にもとづいて〈変〉の観念を強調した。しかし,公羊学を最も重んじて政治変革の理論的根拠としたのは,戊戌(ぼじゆつ)変法(1898)の指導者,康有為である。彼は公羊学の三世説を《礼記(らいき)》礼運篇の拠乱世,小康世,大同世に配当し,さらに西欧の社会進化論を結びつけて3段階の歴史発展を考え,立憲君主政体を実現することにより当面の拠乱世から小康世への展開をめざした。…

【孔教】より

…中国,清末から民国初にかけて,孔子を尊崇して国家的宗教にしようとする運動のなかで用いられたことば。はじめ,清末の康有為が光緒帝にたてまつった上奏文(1898年6月)のなかで,全国の淫祀を廃絶して孔子を教主とする孔教を尊び,制度として教部,教会,孔子廟を設け,あらゆる郷・市に孔教会を,さらに全国教会の長として祭酒老師を置くことなどを要請したが,彼の指導する変法運動の失敗とともに,孔教問題は一時鳴りをひそめた。しかし辛亥革命(1911)で共和政体が成立すると,1913年の憲法草案で孔子の道が国民教育の根本とされたことから孔教問題が再燃した。…

【孔子改制考】より

…中国,清末の学者康有為の書。21巻。…

【孔子批判】より

…だが,太平天国が命脈を終えるとそうした動きは中断,本格的批判運動は中華民国成立以後にもちこされた。 1913‐15年,陳煥章,康有為ら保守派の学者の音頭によって,孔子の教えを国教にしようとする孔教運動がおこり,袁世凱の帝制がさけばれるなかで,新文化運動が開始される。〈民主と科学〉を旗じるしとする雑誌《新青年》を中心に,中国の社会と文化を改革するためには,中国の封建体制の基礎となっている家族制度とそれを支えてきた孔子の教え(儒教)を否定せねばならぬ,という認識が進歩的知識人の共通のものとなった。…

【書】より

…なかでも鄧石如は古碑によって篆隷を深く究め,また北碑を学んで,碑学の開山となった。阮元が〈南北書派論〉〈北碑南帖論〉を著して北碑を書の正統として以後,この説は包世臣の《芸舟双楫》さらに康有為の《広芸舟双楫》などによって補訂され,北派の理論がうちたてられた。これにともない,実作面でも北碑の素朴な書に美の発揚を求めたり,あるいは碑帖を兼習したり,さらに金文,石鼓文,甲骨文にも書作の材料を求める者が現れ,百花斉放の観を呈するにいたった。…

【帖学】より

碑学に対していう。清の康有為は,碑の拓本によって学ぶことを碑学と呼び,法帖を臨書することを帖学と呼んだ。二王は楷書,行書,草書を優美典雅な芸術に完成し,その書は六朝から唐にかけての貴族社会にたいへん好まれた。…

【大同書】より

…中国,清末の思想家である康有為の著作。大同世界すなわちいっさいの差別や束縛から解放されたユートピア的世界とそれへ至る段階を描いた書。…

【中国】より

…筆者はこの(2)の意味での大家族を過度に重く見ることには反対であるが,ともかく儒教には墨子の兼愛に反対して近きより遠きへという愛の差等性を強調する思想があること,それがネポティズムの根拠となっていることを知っておくべきである。康有為や孫文が〈天下を公となす〉(《礼記》)を強調したのは大いに意味があったのである。
[人民主義の伝統]
 たとえば,さきにわれわれは士大夫のモットーは〈己を修め人を治める〉ことであり,官僚には治者の意識のみあって人民のサーバントという意識はなかったといったが,実は,韓愈とつねに併称される唐の柳宗元は早くすでに次のごとくいいきっている。…

【中国思想】より

…乾隆・嘉慶の考証学の全盛期が終わるとともに,孔子を政治制度の改革論者と見る公羊学(くようがく)が現れて有力になった。この派からは清朝末期に康有為が出た。彼はその《大同書》において,人類社会の最後到達点は国家・階級・人種・男女・家族の区別がない大同の世であるとした。…

【纏足】より

…時を経て下層階級に及び,最盛期を迎えた清代,満州人にも流行の兆しがみえて,康熙帝,乾隆帝が禁止令を出し,袁枚(えんばい),兪正燮(ゆせいしよう)ら学者が反対論を唱えたが,効を奏さなかった。その後太平天国も禁止し,清末に在華ミッション団体による廃止運動や,康有為が広東で発起した〈不裹足会〉の反対運動を機に,各地で〈天足(自然の足)会〉〈不纏足会〉が組織されたり,自ら纏足であった西太后が禁止令を発して徐々に衰えたが,なお徹底せず,民国時代にも遺風は残り,新中国成立後ようやく根絶をみた。【鈴木 健之】。…

【碑学】より

…この説をさらに推し進めたのは包世臣で,《芸舟双楫(げいしゆうそうしゆう)》を著し,碑学の流行にますます拍車をかけた。清末になると康有為が出て,南帖よりも南碑に注目し,南北両朝の相互の関連性を説き,新しい体系を打ち立てた。日本においても,1880年に楊守敬が来日して,北碑の書風を紹介し,書道界に大きな影響を与えた。…

【文廷式】より

…かつて家庭教師をつとめた瑾妃・珍妃姉妹が光緒帝の寵愛を得たため帝に重用され,翰林院侍読学士に昇進。95年,立憲君主制をめざす康有為が強学会を設立した際,翁同龢(おうどうわ),張之洞らとともにそれを援助したため保守派の反感を買い,翌年,職を免ぜられ追放された。1899‐1900年,日本に滞し,内藤湖南と交渉をもった。…

【戊戌変法】より

…変法とは,伝統的な政治制度を全面的に改革することであり,具体的には,日本の明治維新を模範にして君主専制から立憲君主制に改めることである。この運動の理論的指導者は康有為である。1888年,会試受験のため北京に来た康有為は,清仏戦争敗北以来の欧米列強による蚕食の状況,国内の窮乏化とあいつぐ反乱,官僚の腐敗と無能を指摘し,〈成法を改め,下情を通じ,左右(官僚)の登用を慎重にする〉の3項目の改善を求める上書を提出した。…

【歴史】より

…崔述(1740‐1816)の《考信録》は儒家の一部の経典に依拠して他の経書および諸子百家に史料批判を加えた。清末の政治改革家康有為は,崔述に一歩を進めて,儒家経典に記載する黄帝・尭舜・夏殷周三代の歴史は事実そのものでなく,孔子がその理想世界を述べるためのフィクションであったと主張した(《孔子改制考》)。元来中国人の歴史観は,《礼記》の大同思想にうかがわれるように,一種の下降史観であった。…

※「康有為」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

康有為の関連キーワード戊戌の政変竜門二十品復辟運動戊戌政変不纏足会時務学堂公羊学派戊戌変法翁同龢強学会自立軍文廷式唐才常譚嗣同帖学王照蘇報仁学大成

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android