コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光緒帝 こうちょていGuang-xu-di; Kuang-hsü-ti

8件 の用語解説(光緒帝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光緒帝
こうちょてい
Guang-xu-di; Kuang-hsü-ti

[生]同治10(1871).6.28. 北京
[没]光緒34(1908).10.21. 北京
中国,清朝の第 11代皇帝 (在位 1875~1908) ,徳宗。名は載てん (さいてん) 。父は咸豊帝の弟の醇親王奕けん,母は西太后の妹。西太后の力で,光緒1 (1875) 年,4歳で即位。西太后が摂政となり,同 13年から親政を開始したが,実権は依然西太后が掌握していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうしょ‐てい〔クワウシヨ‐〕【光緒帝】

[1871~1908]中国、朝第11代皇帝。在位1875~1908。名は載湉(さいてん)。廟号(びょうごう)は徳宗。西太后に擁立されて4歳で即位。実権は、長く西太后に握られた。日清戦争後の1898年、康有為らを登用して変法自強策による革新政治を断行しようとしたが、戊戌(ぼじゅつ)の政変に敗れ、幽閉されて病没。こうちょてい。

こうちょ‐てい〔クワウチヨ‐〕【光緒帝】

こうしょてい(光緒帝)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

光緒帝【こうしょてい】

光緒帝(こうちょてい)

光緒帝【こうちょてい】

中国,清朝11代の皇帝(在位1874年―1908年)。廟号は徳宗。道光帝の第7子醇親王の子。4歳で母の姉西太后に擁立され即位,1887年17歳で親政。1898年変法派の康有為らを登用し新政を図ったが(戊戌(ぼじゅつ)変法)西太后一派に抑圧され,以後西太后摂政下に幽閉状態となり病没。
→関連項目醇親王奕【かん】変法自強運動

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうちょてい【光緒帝 Guāng xù dì】

1871‐1908
中国,清朝第11代の皇帝。在位1875‐1908年。〈こうしょてい〉とも読む。姓は愛新覚羅(アイシンギヨロ),名は載湉(さいてん),廟号は徳宗,諡(おくりな)は景皇帝。光緒は年号。父は道光帝の第7子醇親王奕譞(えきかん),母は西太后の妹。同治帝が嗣子なく死ぬと権勢維持をはかる西太后により,皇位継承の原則を破って数え4歳で皇帝に擁立された。幼帝のもとで西太后が垂簾聴政をとり,1887年(光緒13)皇帝親政に移って後もその力は虚名に過ぎなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうしょてい【光緒帝】

〔「こうちょてい」とも〕 (1871~1908) 清の第一一代皇帝(在位1875~1908)。名は載湉さいてん。廟号びようごうは徳宗。実権を西太后が握っていたため、1898年康有為ら変法自強派を登用し革新政治を企てたが、戊戌ぼじゆつの政変で敗れ、幽閉され病死した。

こうちょてい【光緒帝】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の光緒帝の言及

【光緒帝】より

…中国,清朝第11代の皇帝。在位1875‐1908年。〈こうしょてい〉とも読む。姓は愛新覚羅(アイシンギヨロ),名は載湉(さいてん),廟号は徳宗,諡(おくりな)は景皇帝。光緒は年号。父は道光帝の第7子醇親王奕譞(えきかん),母は西太后の妹。同治帝が嗣子なく死ぬと権勢維持をはかる西太后により,皇位継承の原則を破って数え4歳で皇帝に擁立された。幼帝のもとで西太后が垂簾聴政をとり,1887年(光緒13)皇帝親政に移って後もその力は虚名に過ぎなかった。…

※「光緒帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

光緒帝の関連キーワード廃藩置県新教育高田藩北海道開拓田畑勝手作許可モルガンウォーターズカション片岡健吉ガビンズ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光緒帝の関連情報