コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳宗 トクソウ

世界大百科事典 第2版の解説

とくそう【徳宗 Dé zōng】

742‐805
中国の第9代皇帝。在位779‐805年。姓名は李适。徳宗は廟号。代宗の長子として生まれ,安史の乱には天下兵馬元帥となり河北平定に当たった。即位後は宰相楊炎献策により両税法を採用。財政をたて直し藩鎮勢力を削除しようとしたが,強硬にすぎて失敗,河朔三鎮(盧竜,成徳,魏博)は独立して王を称し,淮西(わいせい)節度使李希烈の乱に加えて,この鎮圧に徴した涇原の兵乱を招き,徳宗は奉天(現在の乾県)に逃れ,己を罪する詔を発して民心の収攬を図った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とくそう【徳宗】

742~805) 中国、唐の第九代皇帝(在位779~805)。租庸調制にかえて両税法を施行し、中国の税制史上に一大変革をもたらした。一方、節度使の勢力の鎮圧に苦慮した。
清の光緒こうしよ帝の廟号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳宗
とくそう
(742―805)

中国、唐朝第9代の皇帝(在位779~805)。姓名は李(りかつ)。第8代代宗の長子。母は睿真(えいしん)皇后沈氏。安史の乱に天下兵馬元帥として史朝義(しちょうぎ)を討って功をたて、764年皇太子、779年皇帝の位についた。翌年、宰相楊炎(ようえん)の議を入れ、租庸調制を廃して両税法を創始し、中国税制史上の一大改革を行い、財政の立て直しを図った。安史の乱後強大となった藩鎮(はんちん)を抑え、集権政治の回復を策したが、かえって藩鎮の激しい反撃にあい、一時奉天(陝西(せんせい)省乾(けん)県)に逃れた。多額の軍費は両税以外に雑多な諸税を生み、民衆の恨みを買った。それから徳宗は藩鎮に対して姑息(こそく)となり、奢侈(しゃし)の生活はかえって藩鎮からの寄進を歓迎し、他方、政治はほとんど宦官(かんがん)にまかせ、後の憲宗の対藩鎮強硬策の素地をつくった。[松井秀一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

徳宗の関連キーワード得宗・徳宗ベラサグン耶律大石五教十宗光緒帝西太后柳公権第五琦沈既済可敦城柳宗元間架税郭子儀起児漫清実録法照東陵契丹会要杜佑

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳宗の関連情報