百済玄鏡(読み)くだらの げんきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百済玄鏡 くだらの-げんきょう

?-? 奈良-平安時代前期の官吏。
宝亀(ほうき)6年(775)従五位下となる。桓武(かんむ)天皇の河内(かわち)(大阪府)交野(かたの)の遊猟に供をし,昇進をかさねる。右兵衛督(うひょうえのかみ),上総守(かずさのかみ)をへて,延暦(えんりゃく)18年(799)刑部卿(ぎょうぶきょう)。正四位下。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android