コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百済玄鏡 くだらの げんきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百済玄鏡 くだらの-げんきょう

?-? 奈良-平安時代前期の官吏。
宝亀(ほうき)6年(775)従五位下となる。桓武(かんむ)天皇の河内(かわち)(大阪府)交野(かたの)の遊猟に供をし,昇進をかさねる。右兵衛督(うひょうえのかみ),上総守(かずさのかみ)をへて,延暦(えんりゃく)18年(799)刑部卿(ぎょうぶきょう)。正四位下。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百済玄鏡の関連キーワード官吏宝亀

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android