百済王氏(読み)くだらのおううじ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

百済王氏

舒明天皇の631年に渡来した百済の義慈王の子、善光(ぜんこう)(禅広)を祖とする氏族。663年の白村江の戦いで百済は完全に滅ぼされ、善光は日本にとどまり、持統朝に百済王という氏の名を与えられる。東北経営に重用され、奈良時代に百済王敬福(きょうふく)が活躍。東大寺大仏造営のために金を献上。河内国(大阪府東部)の国司に任じられ、今の大阪府枚方市を拠点に繁栄した。

(2015-03-13 朝日新聞 朝刊 奈良全県・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android