コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義慈王 ぎじおうǓija-wang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義慈王
ぎじおう
Ǔija-wang

[生]?
[没]義慈王20(660)
朝鮮,古代三国の一つ百済の第 31代 (最後) の王 (在位 641~660) 。先王,武王の長子。王の時代は中国でが成立し,東隣の新羅は太宗武烈王の全盛時代で,百済の危機の時代であった。即位当初には西進する新羅軍を破っているが,逐次その勢力に圧迫されるにいたった。義慈王 20 (660) 年,唐は高句麗討伐の前提として新羅の武烈王と結び,陸海から百済を攻撃して破った。この結果,王族以下農民にいたるまで1万名余が唐に強制連行され,王も唐で没した。日本とは政治的にも文化的にも関係が深い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義慈王 ぎじおう

?-660 百済(くだら)(朝鮮)の国王。
百済王朝第31代。在位641-660。太子時代,海東の曾子とよばれた。631年王子余豊璋(よ-ほうしょう)らを日本に人質としておくる。はじめ新羅(しらぎ)(朝鮮)に積極的に侵攻したが,しだいに国政をかえりみなくなる。義慈王20年新羅と唐(とう)(中国)の連合軍に攻められ敗北。同年9月唐で病死

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぎじおう【義慈王 Ǔi‐cha‐wang】

?‐660
朝鮮,百済の最後の王。在位641‐660年。義慈は諱(いみな)。即位後みずから新羅の40余城を攻略し,また高句麗と同盟して新羅を攻撃するなど,領土を拡大して新羅を窮地に立たせた。しかし,やがて享楽におぼれて左右の言をかえりみず,国政は乱れた。660年,唐・新羅連合軍の攻撃をうけて降伏し,太子らとともに唐に連れさられ,病死した。残存勢力の抵抗ははげしかったが,百済はここに滅亡した。【木村 誠】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

義慈王の関連キーワード扶余定林寺址五層石塔砂宅智積碑阿曇比羅夫百済王善光百済善光百済慶命中臣鎌足百済昌成百済敬福鬼室福信百済王氏豊璋王百済氏蘇定方国王泗沘豊璋翹岐

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android