コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 うじ

10件 の用語解説(氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


うじ

血縁的関係にある同族集団。大化前代では社会組織の基礎をなし政治的団体をさした。有力豪族の長 (氏上) に率いられた直系,傍系の血縁,もしくは非血縁の家族で構成される集団。氏の長は,氏神の祭祀権,氏人の裁判権をもち,氏は部民,田荘 (たどころ) を所有した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


うじ

戸籍に表示された個人の姓。個人の同一性を示す呼称。戸籍は,夫婦およびこれと氏を同じくする子ごとに編成される (戸籍法6) 。民法は氏について詳細な規定をおいている。夫婦は婚姻の際に定めるところにより夫または妻の氏を称し,嫡出子は父母の氏を称し,嫡出でない子は母の氏を称する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うじ〔うぢ〕【氏】

[名]
その家に代々引き継がれる、家の名。家系の名称。姓。
家柄。家系。
古代社会における同族集団。氏の上(かみ)氏人を主な構成要員とし、部民(べみん)奴婢(ぬひ)を隷属させる場合が多い。氏の名は朝廷での職掌や居住地の名により、多くは地位に応じて姓(かばね)を有した。
[接尾]名字に付けて敬意を表す。現在は一般に「し(氏)」を用いる。「吉田

し【氏】

[名]
同一血族の系統。うじ。
話し手・相手以外の第三者。代名詞的に用いる。「は静養中」
[接尾]
氏名に付けて敬意を表す。主として男子に用いる。「佐藤は欠席」
氏族の姓氏に付けて、その氏族の出身であることを表す。「藤原
助数詞。敬意をこめて人数を表すのに用いる。「三の御執筆」

し【氏】[漢字項目]

[音](漢) [訓]うじ
学習漢字]4年
〈シ〉
血統を同じくする集団。うじ。「氏族氏名姓氏平氏・李氏(りし)」
姓名に添えて敬意を表す語。「某氏・山田氏」
敬意をもって人を指す語。「各氏諸氏両氏
〈うじ〉「氏神氏名(うじな)
[名のり]え
[難読]杜氏(とうじ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

氏【うじ】

(1)日本古代の社会的・政治的集団。古くは血縁関係にある家々の集団で,いわゆる氏族clanと同じものであったかもしれないが,大和朝廷時代にはすでに支配階級のなかで祖先を同じくすると主張する家々の集団として一種の政治組織になっており,統率者である氏上(うじのかみ)が氏人(うじびと)を率いて朝廷に奉仕し,経済的基盤としては部民(べみん)を所有していた。
→関連項目氏長者戸籍戸籍筆頭者婚姻氏姓制度夫婦夫婦別姓離縁離婚

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うじ【氏】


[日本古代の氏]
 〈うじ〉の語源として,〈うち〉(内)の意であるとする説,朝鮮語の〈ウルul〉(親族),蒙古語の〈ウルクuruk(urug)〉(親戚)に由来するとみる説などがある。要するに,氏とは祖先をおなじくし,同族系譜によってむすばれた血縁集団で,さらにその外周に,このような同族意識の拡大によって生じた擬制的同族集団をふくむといえる。ただし,日本の氏は,モーガンやエンゲルスのいうアメリカ・インディアンのイロコイ族における〈クラン〉,ギリシアの〈ゲノス〉,ローマの〈ゲンス〉など,共産制,族外婚,共同防衛制などの属性をもつ,原始的な氏族共同体とは段階を異にする(〈氏族(しぞく)〉の項目参照)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うじ【氏】

( 名 )
家々の系統を表す名称。名字。姓。
民法旧規定において、家の名称。
現行法上、名とともに個人の呼称となるもの。原則として、夫婦と未婚の子は同じ氏を称する。
家柄。
事実上あるいは系譜上、同祖から出たものとされる家の集団。古代において支配階級の構成単位をなしていたもの。族長的地位に立つ家の家長が氏の上かみとなり、氏の共有財産(大化の改新以前の部民べのたみの田荘たどころ、律令制下の氏の賤せん)を管理し、氏神を奉祀ほうしして氏人うじびとを統率した。氏には姓かばねがあり、社会における氏の政治的地位はこれによって秩序づけられた。律令制の解体とともに氏の名は次第に消え、源・平・藤・橘など少数のもののみが残った。
( 接尾 )
名字・姓名につけて、敬意を表す。 「山田-」 〔現在では「し(氏)」という〕

し【氏】

( 名 )
うじ(氏) 」に同じ。
( 代 )
三人称。男子に対して、敬意をこめて用いる。彼。 「 -は斯界の先達であります」
( 接尾 )
人の姓名に付けて尊敬の意を表す。主として男子に用いる。 「山田太郎-」
氏族の名に付けて、その氏族の出身であることを表す。 「藤原-」
助数詞。尊敬の意をこめて人数を表すのに用いる。「人にん」の尊敬語。 「御出席の三-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


うじ

家系を表す名称で、姓、苗字(みょうじ)をさす。また、「山田氏(うじ)」などと苗字につけて敬意を表すこともある。日本の古代社会においては、支配階級の父系血縁集団の呼称。[黛 弘道]

古代社会の氏

古代社会の父系血縁集団は、実際の血縁以外の者をも包含する擬制的氏族集団のそれであり、また被支配階級である一般民衆の血縁集団を氏とはよばなかったことなどに、その特色があった。「うじ」の語源については「内(うち)」「生筋(うみすじ)」「生路(うみじ)」「生血(うみち)」などの諸説があり、漢字の「氏」の朝鮮音に「う」という接頭音がついたものという説もあった。しかし今日では、氏は朝鮮語のul(族)と同根で、奈良時代にはudiと発音されたとも説かれる。朝鮮語lと日本語dとは対応するから、こう考えられないことはない。なお朝鮮語に近い蒙古(もうこ)(モンゴル)語、トルコ語、ツングース語、ブリヤート語などで親戚(しんせき)・息子ないし子孫を表す語がいずれも同根であり、父系・男系にのみ用いられ、母系・女系には用いられないことも指摘されている。「うじ」は父系の血縁を示す語で、男系・女系いずれとも限定せずに用いられる古語「うがら」「やから」ともその点で明瞭(めいりょう)に相違する。日本古代社会における氏は支配集団の称呼であり、未開社会やギリシア・ローマの古代社会の氏族クランclanと同一視できない。
 氏は家父長制的家族の集合体であり、そのうちの族長的家族の家父長が、その氏の代表者、統率者となった。これを氏上(うじのかみ)(氏宗)とよんだが、氏により氏上の地位の継承法には相違があった。氏上はその氏の代表者として大和(やまと)朝廷におけるその氏固有の地位、職掌を保有し、一定の政治的発言権を行使した。また氏族内部に対しては、その統率者として氏神(うじがみ)の祭祀(さいし)権を握って宗教的権威を保ち、氏内の争訟を裁断し、刑を執行するなどの権力を行使した。このような氏の代表者、統率者としての氏上に対して、その他の氏の一般成員を氏人(うじびと)という。彼らは氏上と血縁関係のある者ももちろん多いが、往々にして直接血縁関係がなく、ただ互いに観念的に血縁者と自認しているにすぎない場合も少なくなかった。たとえば、中央の佐伯(さえき)氏(連(むらじ)姓)と地方の佐伯氏(直(あたい)姓など)との関係などがこれである。このような場合、事実上は上級の姓(かばね)を有する者が下級の姓の者を支配しているわけである。そしてこれら有姓者の下にはそれぞれ部(べ)姓の農民とか技術者の集団が分属しており、さらに、それとは別に奴隷も存在した。かくして氏は、大和朝廷における官職、あるいは祭祀、居住地などを通じて結合した政治団体にほかならず、非血縁者を多く含みながら、彼ら自身血縁的紐帯(ちゅうたい)によって結ばれていると観念したところの擬制的血縁集団であった。氏を構成する多数の家族は独立の経済的基盤をもち、氏上の統制は経済面には及ばなかったようなので、これを先の点とあわせ考えて、氏を原始社会の共産的氏族と同一視することも誤りである。
 氏の名には大別して、居住地の地名に由来するものと、大和朝廷における職業名に由来するものとがあった。前者のおもなものは葛城(かずらき)、平群(へぐり)、蘇我(そが)、巨勢(こせ)、和邇(わに)(以上大和)、紀(き)、吉備(きび)、出雲(いずも)などであり、後者の有力なものは大伴(おおとも)、物部(もののべ)、中臣(なかとみ)、忌部(いんべ)、土師(はじ)などであった。古代の氏の名はこの2種のいずれかであり、また後者が起源においてより古く、数においてはるかに多かった。前者は私有民(部曲(かきべ))をもつ土豪的氏族、後者は職務上の配下である品部(しなべ)を統率する官僚的氏族であり、その性格を異にした。前者の有力なものは臣(おみ)の姓を称し、後者では連(むらじ)を称した。臣姓豪族は皇別すなわち天皇の後裔(こうえい)と称するのが一般であり、連姓豪族は神別すなわち神代の昔から皇祖の神々に奉仕した神の後裔と称しているが、これは江戸時代における外様(とざま)大名と譜代(ふだい)大名との違いにも比せられる。すなわち、臣姓豪族は天皇家と連合して大和政権を構成した有力豪族、連姓豪族は大和政権の盟主としての天皇家の地位、実力の向上に伴って頭角を現した家政機関のおもだった役人あがりであり、その家政機関が拡大改組されて大和政権の中枢機関となったのである。徳川幕府が「庄屋(しょうや)仕立て」つまり庄屋の村落支配機構をそのまま拡大して成立したといわれるのと似ている。これによって考えれば、氏は大和朝廷の支配体制によって生み出された特権的血縁集団であり、政権の発展に伴って地方の有力豪族も氏に組織される形で取り込まれていったのであろう。
 このようにして生まれた氏には臣、連のほか、その家柄や身分に応じてさまざまな姓が与えられた。したがって、姓は氏の性格・系統・家柄の表示として創出され、天皇が氏々を支配する手段ともされた。姓の間に尊卑、上下の序列、格差が設けられ、賞罰としての姓の昇降が天皇の手によって行われた。したがって、古代社会では支配階級は氏の名に姓を添えて名のる必要があったのであり、氏の名だけでは特権の保証とはならなかったものと思われる。氏はこのように政治的、経済的な特権団体であるが、大化改新後もその特権は政治的には新しい律令(りつりょう)的官職により、また経済的にはそれに伴う俸給、給与により、形を変えながらも引き続き保証された。[黛 弘道]

法律上の氏

戸籍ごとの個人の姓をいう。従来は氏は家名であったが、1947年(昭和22)の民法の改正により、家の制度が廃止された結果、単なる個人の呼称となった。現行民法では、夫婦と未婚の子は同じ氏を称することを原則として、種々の規定が置かれている。夫婦は婚姻の際に定めるところにより、夫または妻の氏を称する(民法750条)。ただし、婚姻に際して、夫婦がそれぞれ従来の氏をもち続けるいわゆる夫婦別姓制度を選択的に認めるかどうかが議論され、民法750条についてさまざまな改正案が提示されている(夫婦別姓問題)。氏を改めた者が以前の氏に復することを復氏といい、民法では以下のような場合に復氏を認めている。夫婦が離婚した場合、氏を改めた者が婚姻前の氏に復する(同767条・771条)。夫婦の一方が死亡した場合には、氏を改めた生存配偶者は婚姻前の氏に戻ることができる。ただし、本人が望めば離婚前の氏を称することもできる(同751条)。嫡出子は父母の氏を称する。嫡出でない子は母の氏を称する(同790条)。また、子が父または母と氏を異にする場合には、どのような原因によるかを問わず、子は家庭裁判所の許可を受けて、その父または母の氏を称することができる(たとえば、父が嫡出でない子を認知すれば、家庭裁判所の許可を受けて、父の氏に変更することができる)。養子については、養子は養親の氏を称し、離縁した場合には縁組み前の氏に戻る(同816条)。以上、いずれの場合にも同一の氏を称する者は、同一の戸籍に記載される。なお、同じ戸籍に載っていて、同じ氏を称しているかどうかは、親族法、相続法上の取扱い上なんの関係もない。たとえば、子であれば氏が同じでも違っていても親権、扶養、相続などに関して、同じ扱いを受ける。氏の変更(改氏)については、家庭裁判所の許可を要する(戸籍法107条)。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【氏上】より

…日本古代のの首長。氏長,氏宗ともいわれ,氏を代表して朝政に参与し,その政治的地位によって,氏・姓(かばね)が決定された。…

【氏人】より

…日本古代における氏の構成員。同種のことばに,〈うから,やから〉(族)があるが,これが血縁的社会的な氏族共同体の族員をさすのに対して,〈うじびと〉は,政治制度としての氏の構成員で,氏上(うじのかみ)にひきいられる一定範囲の人々をさし,氏上とおなじ氏姓を称する。…

【氏姓制度】より

…日本古代において,中央貴族,ついで地方豪族が,国家政治上に占める地位,社会における身分の尊卑に応じて,朝廷より(うじ)の名と(かばね)をあたえられ(氏・姓(かばね)をあわせて(せい)ともいう),その特権的地位を世襲した制度。大化改新ののち,律令国家におよぶと,戸籍制によって,氏姓はかつての部民(べみん),つまり一般の公民にまで拡大され,すべての階層の国家身分を表示するものとなり,氏姓を有しないものは,天皇,皇子,諸王と奴婢のみとなった。…

【氏族制度】より

…ここに氏族制度というのは,家族よりも大きく,部族よりも小さい氏族とよばれる血縁的な集団が,多かれ少なかれ独立した経済的・社会的・政治的単位としての機能をいとなんでいる社会すなわち氏族社会の制度をさす。記録された歴史のはじまる古代国家形成のころには,すでに封鎖的・自給的な村落経済は交易経済に変わり,民主的な共同体は階級的な権力による支配のために再編成されつつあったことが,遺跡や文献の上からうかがわれるが,その以前の社会は一般にここにいう氏族を中心とする体制の上に立つものであったという推定が,多くの学者によってなされてきた。…

【氏名】より

…特定個人の同一性を社会的に確定する機能をもった,ひとりひとりに付される呼称で,氏(うじ)と名(な)からなる。〈姓名〉〈名字(苗字)と名前〉〈名前〉などの言い方もある。…

【姓氏】より

… 古代の中国では,〈姓〉字は同一の祖先に出自し,同一の祖神を信奉する血縁集団を指しており,ラテン語のgens,英語のclanにほぼ該当する語であった。これに対して〈氏〉の字は〈姓〉を構成する個々の家族,または同一の祖先から分岐した家族を意味していたが,漢代のころから姓と氏とは混用されるようになり,姓=氏と言う傾向が顕著となった。したがって,たとえば陽明学の始祖である王守仁の場合,〈姓は王氏,名は守仁,字は伯安,号は陽明,敬称して陽明先生という〉と記されるのである。…

【相続】より

…官人層については,継嗣令に明確に嫡系継承が規定されているが,それはもっぱら位階継承(蔭位(おんい))のためであって,中国流の祭祀相続・家長権を伴った実体としての〈〉の継承を意味するものではない。位階継承の背後に存在した現実の集団としては〈〉が想定される。〈家之名〉を継ぐことは〈祖名(おやのな)〉を継ぐことと同義であり,〈氏門(うじかど)〉を継ぐことであった。…

【姓氏】より

… 古代の中国では,〈姓〉字は同一の祖先に出自し,同一の祖神を信奉する血縁集団を指しており,ラテン語のgens,英語のclanにほぼ該当する語であった。これに対して〈氏〉の字は〈姓〉を構成する個々の家族,または同一の祖先から分岐した家族を意味していたが,漢代のころから姓と氏とは混用されるようになり,姓=氏と言う傾向が顕著となった。したがって,たとえば陽明学の始祖である王守仁の場合,〈姓は王氏,名は守仁,字は伯安,号は陽明,敬称して陽明先生という〉と記されるのである。…

※「氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

氏の関連キーワード一・壱一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸一再ざら車乗小雑色一、二、三─死一色町一本木

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

氏の関連情報