コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皆川氏 みながわうじ

世界大百科事典 第2版の解説

みながわうじ【皆川氏】

下野出身の中・近世武家。小山氏一族。小山政光の次男長沼宗政の孫,宗員が下野国都賀郡皆川荘に住して,皆川四郎左衛門尉を称したのに始まる。その子孫はやがて皆川の地を失い,室町期には代わって,宗員の弟長沼宗泰の系統が皆川城に拠って皆川氏を称するに至った。その後裔俊宗の子広照は宇都宮氏,佐竹氏,小田原北条氏に対抗,1590年(天正18)豊臣秀吉の小田原征伐に際しては,小田原城にこもった。しかし4月8日に城を出て降ったため,秀吉は本領皆川1万3000石を安堵し,徳川家康に属させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の皆川氏の言及

【長沼氏】より

…南北朝期以降,下野の国人として鎌倉府に仕え,1396年(応永3)ころ,一時義秀は下野守護となり,上杉禅秀の乱で戦功があり勢力を伸ばしたが,秀宗は永享の乱では鎌倉公方足利持氏に従い,鎌倉で自害した。その子氏秀は結城合戦で上杉方に属し戦功をあげ,下野皆川荘に家を再興し,戦国時代の下野西南部の一勢力皆川氏の基礎を作った。【峰岸 純夫】。…

※「皆川氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

皆川氏の関連キーワード栃木(市)都賀[町]千人塚府中城栃木市皆川藩飯山藩

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皆川氏の関連情報