コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山政光 おやま まさみつ

2件 の用語解説(小山政光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山政光 おやま-まさみつ

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
下野(しもつけ)(栃木県)小山荘を領有し,下野大掾として勢力をのばした。源頼朝にしたがい,御家人となり下野守護となる。文治(ぶんじ)5年(1189)の奥州藤原氏攻めで活躍した。妻は頼朝の乳母寒河尼。通称は四郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小山政光

生年:生没年不詳
平安末・鎌倉初期の武将。藤原秀郷子孫の大田行政の子,四郎を称す。下野国(栃木県)寒河御厨(小山荘)を領有し,下野大掾として勢力を張る。治承・寿永内乱期には在京していたが,留守中寿永2(1183)年に妻(源頼朝の乳母)と子の朝政が,頼朝に属して下野の野木宮合戦で反頼朝方の常陸(茨城県)の志田義広を撃破した。文治5(1189)年の頼朝の奥州合戦の際には,宇都宮の陣所で頼朝に謁し,小山氏の武功を述べ立てている。子息の朝政(小山),宗政(長沼),朝光(結城)の3兄弟は幕府の有力御家人となった。<参考文献>小山市編『小山市史』通史編Ⅰ

(峰岸純夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小山政光の言及

【小山[市]】より

…《和名抄》に都賀郡小山郷と見える。小山政光が思川東岸の丘陵に築いた小山城(祇園城)は1590年(天正18)小田原征伐に伴い小山氏が滅亡して破却された。3万3000石を与えられて小山城を再興した本多正純は1617年(元和3)日光造営工事を指揮したので,思川の乙女河岸で陸揚げされた資材は小山,壬生(みぶ)経由で送られた。…

※「小山政光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小山政光の関連キーワード六家集唐沢山神社子子孫孫伊賀朝光佐竹昌義平繁盛藤原実宗藤原忠衡藤原光雅源仲兼

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小山政光の関連情報