コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇室外交 こうしつがいこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇室外交
こうしつがいこう

天皇,皇后皇太子など皇室の人間が,親善・友好を深める目的で諸外国を訪問したり,相手国の王族などを招待したりすること。 1971年の昭和天皇訪欧や,88年の皇太子夫妻 (当時) の訪米が一例である。 89年1月の昭和天皇の崩御による服喪で,天皇,皇后の海外訪問は1年間休止となったが,その間も韓国の盧泰愚大統領をはじめ,各国元首の訪日が相次ぎ,皇室外交が展開された。平成天皇は即位後,91年に ASEAN3ヵ国,92年に中国,93年にはイタリア,ベルギー,ドイツ,94年には6月のアメリカのほか 10月にはフランス,スペインを訪問している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

皇室外交

国政に関与しない象徴天皇としては、「皇室外交」の用語は避けているが、皇室の外国との親善交際は年々活発化し、時には、結果として政治的論議の的とならざるを得ないケースも出てきている。戦後、昭和天皇の外国訪問は1971年の欧州と75年の米国だけだった。代替わり後は、東南アジア(91年)、中国(92年)、イタリア・ベルギー・ドイツ(93年)、米国(94年)、フランス・スペイン(同)、ブラジル・アルゼンチン(97年)、英国デンマーク(98年)、オランダ・スウェーデン(2000年)、ポーランド・ハンガリー(02年)、アイルランド・ノルウェー(05年)、シンガポール・マレーシア・タイ(06年)、英国・スウェーデン・バルト3国(07年)と続いている。先の大戦の傷跡が尾を引く諸国では、晩さん会などでの天皇の「おことば」の歴史への言及が関心を集め、両国の歴史が切り結ぶ場と受けとられることも否定できない。また戦後60年にあたる05年6月には、「戦場での慰霊」としてサイパン島を訪問した。「友好親善のための儀礼的訪問」という枠組みを初めて踏み越えた形だ。

(岩井克己 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうしつ‐がいこう〔クワウシツグワイカウ〕【皇室外交】

天皇や皇族が外国を訪問したり、賓客として来日する外国の国王・王族・大統領などを接遇したりする皇室の国際親善の公務の便宜的な呼び方。
[補説]皇太子徳仁親王は平成11年(1999)2月の記者会見で、自身の外国との交際、海外訪問についての考えを尋ねられた際、「皇室の訪問というのは外交というよりは親善訪問、友好親善を深めるためのものであるということで、皇室外交という言葉は皇族の訪問の場合は少しなじみにくい言葉なのではないのかと思います」と答えている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

皇室外交の関連キーワード天皇明仁観菊会観桜会明仁

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皇室外交の関連情報