コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇太子徳仁親王 こうたいし なるひとしんのう

1件 の用語解説(皇太子徳仁親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

皇太子徳仁親王 こうたいし-なるひとしんのう

1960- 天皇明仁(あきひと)の第1皇子。
昭和35年2月23日生まれ。昭和58年から2年間,イギリスオックスフォード大に留学する。父の即位で皇太子となり平成3年立太子の礼がおこなわれた。5年外務次官小和田恒(ひさし)の長女雅子と結婚。日本赤十字社名誉副総裁。学習院大卒。幼称は浩宮(ひろのみや)。著作に「テムズとともに」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

皇太子徳仁親王の関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターR.E.M.

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皇太子徳仁親王の関連情報