コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皎潔 キョウケツ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐けつ〔ケウ‐〕【×皎潔】

[形動タリ]こうけつ(皎潔)

こう‐けつ〔カウ‐〕【×皎潔】

[形動タリ]白く清らかで汚れのないさま。きょうけつ。
「大いなる鵠(くぐい)の、―雪の如くなるが」〈鴎外訳・即興詩人
「今日よりは―と遊ぶならん」〈庵の記・行往〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうけつ【皎潔】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
白く清らかなこと。けがれのないこと。また、そのさま。こうけつ。 「(富士山ノ雪ハ)秀麗-、神威十倍する/自然と人生 蘆花

こうけつ【皎潔】

( 名 ・形動タリ )
白く清らかな・こと(さま)。 「 -雪の如し」 「彼が-の愛を汚けがし、神聖なる恋を蹂躙じゆうりんせしをば/妾の半生涯 英子

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

皎潔の関連キーワード蘆花

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android