悲歌(読み)ヒカ

デジタル大辞泉 「悲歌」の意味・読み・例文・類語

ひか【悲歌】[作品名]

原題、〈フランスÉlégiesシェニエの詩作品草稿のまま残されたもので、執筆年代は1778年ごろまでとされる。作者没後の1819年、詩人ラトゥーシュが編纂へんさんし「シェニエ全集」として刊行
《原題、〈ラテンTristia》古代ローマの詩人、オウィディウスによる詩。西暦8年、黒海沿岸の僻地トミスに追放された著者が、ローマへの帰還を願い皇帝や有力者、友人たちに贈った作品。全5巻。

ひ‐か【悲歌】

[名](スル)
悲しんでうたうこと。悲しみをうたった歌。エレジー哀歌
「―して独り流涕す」〈紅葉金色夜叉
死者をいたむ歌。
[類語]エレジー哀歌
[補説]作品名別項。→悲歌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「悲歌」の意味・読み・例文・類語

ひ‐か【悲歌】

  1. 〘 名詞 〙
  2. ( ━する ) 悲しい気持をうたうこと。また、悲痛な調子の歌。哀歌。
    1. [初出の実例]「遙想東門飯牛者、悲歌声絶泪縦横」(出典:蕉堅藁(1403)歳暮感懐、寄甯成甫)
    2. [その他の文献]〔史記‐周昌伝〕
  3. 死者をいたむ詩歌。エレジー。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「悲歌」の読み・字形・画数・意味

【悲歌】ひか

悲壯なさまで歌う。〔史記、項羽紀〕項王(羽)則ち夜(た)ちて帳中に飮す。~是(ここ)に於て、項王乃ち悲歌(かうがい)し、自ら詩を爲(つく)る。

字通「悲」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「悲歌」の意味・わかりやすい解説

悲歌
ひか
Élégies

フランスの詩人アンドレ・シェニエ詩集。 1819年,作者の死後 25年にして詩人アンリ・ド・ラトゥーシュによって,他の作品と合せて公刊された。大革命前夜の青年の不安,愛の悲劇的感情が吐露され,ロマン派先駆と仰がれたが,その端正な古典的形式はむしろ高踏派を思わせる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

改訂新版 世界大百科事典 「悲歌」の意味・わかりやすい解説

悲歌 (ひか)

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

デジタル大辞泉プラス 「悲歌」の解説

悲歌(エレジー)

赤川次郎の長編ミステリー。1995年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典(旧版)内の悲歌の言及

【エレジー】より

…今日一般に〈悲歌〉〈挽歌〉など,哀愁を歌う詩を指す語として理解され用いられている言葉。この名称で伝わる詩文のジャンルの歴史は古く,その始源は前7世紀ギリシアの詩人たちにさかのぼる。…

※「悲歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android