コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚がんが白色人種に多い理由 ひふがんがはくしょくじんしゅにおおいりゆう

1件 の用語解説(皮膚がんが白色人種に多い理由の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ひふがんがはくしょくじんしゅにおおいりゆう【皮膚がんが白色人種に多い理由】

 メラノーマをはじめとする皮膚がんの発生率は、白色人種が際立って高いのに対し、黒色人種は低く、日本人などの黄色人種はその中間になります。
 この差は、白色人種の皮膚にメラニン色素が少ないことによります。メラニン色素は、日光の紫外線を遮断することによって、皮膚細胞が障害され、がん化するのを防止するというたいせつな役割をはたしているのです。黒色人種に皮膚がんが少ないのは、皮膚にメラニン色素が多量に存在するためです。日本人でも、とくに色白の人は、日ごろから紫外線にあたらないよう気をつけましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

皮膚がんが白色人種に多い理由の関連キーワード悪性黒色腫アルビノーニホーマーメラニンサンタンサンバーンメラノーマハンディーカメラローマンノーズメラノーマ (melanoma)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone