コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮虫 カワムシ

大辞林 第三版の解説

かわむし【皮虫】

毛虫の古名。 「 -の蝶とはなるなり/堤中納言 虫めづる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皮虫
かわむし

昆虫綱鱗翅(りんし)目のチョウやガの幼虫で、長い毛が多く生えたものの古い呼び名。現在ではこれらを毛虫(ケムシ)とよんでいる。古くは髯蟲または鳥毛蟲と書いたようであるが、カワムシとは毛生虫(けはえむし)がなまったものであるともいわれる。『堤中納言物語』の「虫めづる姫君」にも、鳥毛虫(かはむし)がチョウになるところを観察し、その毛深いさまを見るという表現が用いられている。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

皮虫の関連キーワードカワムシ中納言姫君辛い

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android