コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮霜 カワシモ

デジタル大辞泉の解説

かわ‐しも〔かは‐〕【皮霜】

タイ・スズキなどの魚を皮つきのまま刺身にする場合に、皮のほうだけに熱湯をさっとかけること。すぐ冷水につけてさます。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

かわしも【皮霜】

魚を皮ごと刺身にするときに、皮の部分に熱湯をかけ、ただちに冷水で冷ます調理法。皮をやわらかくし、生臭みを取り食べやすくする。ひらめ・すずきなどに用いる。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かわしも【皮霜】

魚を皮付きのまま刺し身にするとき、皮の部分だけに熱湯をかけて冷水で冷ます方法。皮の美しさを生かすと同時に皮の生臭みを取り、柔らかくする。 「鯛の-作り」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

皮霜の関連キーワード日本料理/おもな調理用語鹿の子作り・鹿の子造り松皮作り/松皮造り銀皮作り/銀皮造り霜降り抜き板

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android