平目(読み)ヒラメ

  • 平目 (ヒラメ)
  • 平目/比=目=魚/×鮃
  • 書名

デジタル大辞泉の解説

カレイ目ヒラメ科の海水魚。全長約80センチ。体は長楕円形で側扁(そくへん)が著しく、両眼が頭部の左側に集まっており、砂泥底に横たわる。有眼側は暗褐色に黒褐色と白色の斑紋が散在し、無眼側は白色。周囲の色に応じて体色変化する。口は大きい。美味。 冬》
[補説]書名別項。→ひらめ
原題、〈ドイツDer Butt》ドイツの小説家、グラス長編小説。1977年刊行。グリム童話モチーフに、石器時代以降の世界の歴史を、調理人の女性たちを通じて描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動ナリ
比較的平らである・こと(さま)。 -なるさらのなかに/滑稽本・膝栗毛 5
変化に乏しく平板であること。平凡で風雅の趣のないこと。また、そのさま。 『には』といひては余り-に当たりて/三冊子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

平目の関連情報