コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益子県立自然公園 ましこけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

益子県立自然公園
ましこけんりつしぜんこうえん

栃木県南東部,八溝山地の南部一帯を占める自然公園。面積 21.36km2。 1955年指定。益子町西明寺付近には,暖地性植物の自生北限といわれるシイ叢林,およびミカン畑がみられる。西明寺にある純唐様式の楼門 (1492建立) と和様,唐様折衷の三重塔 (1537建立) ,大羽にある地蔵院,綱神社本殿など重要文化財が多い。付近には,中世の城跡などの史跡,県立青年の家もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

益子県立自然公園の関連キーワード栃木県芳賀郡益子町益子益子(町)茂木町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android