コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重塔 さんじゅうのとう

百科事典マイペディアの解説

三重塔【さんじゅうのとう】

仏塔の多層塔の中で,層数の最も少ない塔。大日如来三昧耶形(さんまやぎょう)を象徴するもので,日本では五重塔と並んで木造仏塔では最も一般的である。現存最古の遺構は奈良の法起寺のもので,飛鳥時代の作。
→関連項目裳階

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の三重塔の言及

【塔】より

…なお,経巻を舎利の代りに納めたものがあり,これを法舎利という。
[木造塔]
 木造塔は三重塔,五重塔,多宝塔が多く,七重塔は東大寺および各国国分寺に,九重塔は百済大寺および法勝寺に建てられたが今はなく,十三重塔は興福寺や笠置寺などにもあったが,今は多武峰(談山神社)に一つを残すだけである。平面は方形が普通で,西大寺,法勝寺などに八角塔があった。…

【室町時代美術】より

… これに代わる新しい美術の展開の契機となったのは,禅宗とともに中国からもたらされた宋・元の美術様式である。建築では安楽寺八角三重塔(長野)にみられるような禅宗様(唐様)が宋風の異国調をただよわせ,伝統的な和様建築はこの禅宗様や大仏様(天竺様)をとり入れて,いわゆる折衷様を生みだした。彫刻では慶派,院派,円派が前代末から引き続いて活躍し,各地に多くの像を残している。…

※「三重塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三重塔の関連キーワード兵庫県神戸市北区淡河町神影長野県小県郡青木村当郷法隆寺地域の仏教建造物岐阜県不破郡垂井町宮代滋賀県犬上郡甲良町池寺広島県尾道市西久保町長野県上田市別所温泉兵庫県加西市坂本町長野県小県郡青木村愛知県あま市甚目寺奈良県奈良市中町福井県小浜市門前長野県上田市前山滋賀県湖南市西寺長野県佐久市田口五重塔(建築)甚目寺〈町〉信濃国分寺蒲生〈町〉金戒光明寺

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三重塔の関連情報