盛(り)砂(読み)モリズナ

精選版 日本国語大辞典の解説

もり‐ずな【盛砂】

〘名〙
① うず高く盛り上げた砂。
ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「外の生徒は二人が盛砂の中で角力を取るのを見て」
② 車寄せの左右に、高く盛った砂。儀式の時、または貴人を迎える時に行なう。たてずな。
※俳諧・六日飛脚(1679)「告て行御成の時の江戸さつま〈遠舟〉 もり砂并にはうきの守迄〈正察〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android